ヒーリングアート ~エッセイ~ 「雪月花」

「こんなきれいな花を見たことがあるだろうか、、、」

 

思わず足を止め、花の吐息を感じる距離まで近づいた。

 

そこは、都心から1時間ほどにある静かな山あいだった。

 

空は高く、澄みきっている。

吸い込まれそうなスカイブルーに、森の樹々たちも魅了され、

枝をめいっぱい伸ばし、

葉のグリーンを空に重ねて、

そのハーモニーを楽しんでいる。

 

小鳥たちの可愛い鳴き声が、森のBGM。

この大自然が大舞台かのように、空高く飛び回り、

自慢の美声を気持ちよさそうに奏でていた。

 

 

まるで、ここは桃源郷・・・。

そう思わずにはいられなかった。

美しい景色を目の前にすると、人は素直になる。

 

 

 

「なんでうまくいかないんだろ、、、」

 

泣くつもりはなかったのに、思わずこぼれた。

 

 

 

小学校の教員をしているR美。

父母と同じ道を歩み、教職に就くことは子供の頃から、

なんとなく意識の中にあって、

進路を決めるときは、さほど悩まずここまできた。

 

 

親の言うことに逆らうつもりもなかったし、

クラスでとりわけ目立つ存在ではなかったけれど、

 

先生に怒られることもほとんどない、

いわば、中の上くらいの位置を

常にキープしているような子供だった。

 

 

これからもそうやって「正しく」生きていけば、幸せも手に入る、

 

そう信じてここまでやってきた。

 

 

自ら教えている算数のように、

足したり、引いたり、、

ちゃんとルールを守りさえすれば、

誰でもマルをつけてくれる「正解」が

人生でもあってくれたらいいのに、、。

 

最近は、黒板に計算式を書きながら、

つい、そんなことを思ってしまう日々だった。

 

 

夫とは離婚協議中。子供も二人いる。

 

いつから、、、なんで、、、?

分かりあえなくなってしまったのだろう、、、。

 

 

「正解」を求めて、言葉を重ねれば重ねるほど、

夫との距離は開いてしまう。

 

マルは一向につかず、×がいくつも重なるだけだった。

 

友人から、1度気分を変えてきたらどうか?と提案され、

この週末を利用し、子供を両親に預け、

日常から離れたこの森に辿り着いたのだ。

 

その花に近づくと、歓迎を示すかのように、

どこからか優しい風が吹いてきて、

 

涙で濡れたR美の頬をそっと撫でてくれた。

 

 

 

「いい香りがする、、、。」

 

 

ムスクのように柔らかく、

でもどこか新鮮でフルーティーさを兼ね備えた香り、、

 

 

目を閉じ、大きく息を吸った。

 

久しぶりの感覚だ。。

 

思えば、この数か月、まともに息をしていなかったように思う。

 

 

肩が上がり、背中に力が入る。

 

人間という動物の本能なのか、

傷つかないようにお腹を守ろうと猫背にもなっていた。

 

 

もう一度、ゆっくり大きく息を吸った。

 

 

いい香りが鼻腔からR美の疲れ切った目や、

考え込んでカチコチの頭をまわり、

胸を通り、腕、手先の隅々まで行き渡り、

そして、最後は子宮にまで届いた。

 

 

 

「あ、、、そうか、、。

正しさを選んでも良いけれど、ふりかざすものではない。

それに、違う何かを選んだっていいんだ・・。」

 

R美は、正しさを「印籠(いんろう)」のように、

扱っていたこれまでの自分を恥じた。

 

 

「正しさ」を考えるあまり、

何か大切なものを忘れてきてしまっていたんだ。

 

正しくなくたって、笑われたって、

それでもやってみたい!って思えるものがあってもいいわよね。

 

花びらについた露のしずくが、

ちょうど子供たちのキラキラした瞳にとても似ていて、

R美は忘れかけていた何かを思い出しはじめていた。

 

 

「後悔したってかまわない!あなたと一緒に生きていく!」

 

帰ったら、夫に会いに行き、伝える言葉だ。

 

帰りの電車の窓に差し込むオレンジ色の夕日が、

最後にエールを送ってくれているようで、

 

その向こうに見えるあの森が、

R美をいつまでも見送ってくれていた。

 

 

ーーーー thank you ーーーー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次